2021年12月22日、イギリスの製薬会社ラインファーマが厚生労働省に 、経口中絶薬の製造販売の承認申請を行いました。当会ではこれをうけ、同日付けで厚生労働省ほか関係省庁に、中絶薬の早期承認と世界標準に合わせた経口中絶薬の運用、抜本的に法制度を見直し女性の性と生殖に関する法整備を早急に求める要望書を提出しました。

ーーーー ーーーー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

経口中絶薬に関する要望書

厚生労働大臣 後藤 茂之殿
法務大臣 古川 禎久殿
内閣府男女共同参画特命担当大臣 野田聖子様

#もっと安全な中絶をアクション
safeabortion2020@gmail.com
https://2020-japan.webnode.jp

私たちは、リプロダクティブ・ヘルス&ライツ(性と生殖に関する健康&権利)実現のため、2020年9月国際セーフアボーションデーをきっかけに活動を開始したネットワークです。

経口中絶薬に関して、私たちは、以下の三点を要望します。

1. 速やかに経口中絶薬の安全性と有効性を確認し薬事承認をしてください。
  その後、適正に使用すれば安全であることを広く周知してください。

2.WHO が提言する世界標準に合わせた経口中絶薬の運用をしてください。

  イ.必要とする人が利用できるような制度設計、安価な値段設定と公的補助
  ロ.通院や入院を必須としない利用方法(オンライン診療や自宅での服用も選べる)
  ハ.中絶薬を扱える職種の拡大(医師のほか助産師、看護師なども処方できる) 

3.リプロダクティブ・ヘルス&ライツの観点から、刑法堕胎罪や母体保護法を見直し、女性の性と生殖に関する法整備を早急に行ってください。上記2を実現するためには不可欠です。

※全文は下記PDFでご覧ください。 

#もっと安全な中絶をアクション
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!